2008年09月02日

第220番 30&31回目のレッスン♪(Lesson T)

ど〜も〜晴れ
夏休みモードから、やっとやーっと帰ってまいりましたexclamation×2(笑)
気付けばレッスン2回分の記事をずーっと書かないまま
ダラダラと過ごしておりました。。。
気にはなっていたんですけどね。
やる気がね。暑かったし。

しかし、長い倦怠期を経てようやくやる気が戻ってきたのでわーい(嬉しい顔)ワーイ
そろそろペース上げていこうかと思います♪
みなさま、ワタクシはこんなオサボリさんな奴ですが
どうぞどうぞ温かい目で見守ってくださいね。。。目
って、アクセス解析見ると明らかに読者数が減っている(^v^;
みなさーん、戻ってきましたよー。
このテレパシーが通じますように。

まずは7月後半のレッスン結果↓
1 ツェルニー30番練習曲9番(3回目)かわいい合格
2 ワルツ7番 by ショパン(3回目)

そして8月のレッスン結果(8月は1回のみ)↓
3 ツェルニー30番練習曲10番(1回目)
2 ワルツ7番 by ショパン(4回目)

鶴9番は、8月はじめに弾きおさめの音源を既にUP済み(^^ゞ
で、ワルツ7番は、8月レッスンでさえPiu mossoまでで
Piu lentoはなかなか譜読みスタートに重い腰が上がらずじまい...orz
でも、昨日から(笑)譜読み始めましたー。
次のレッスン日曜日(5日後)だけど、追い込み練習中!

1 ツェルニー30番練習曲9番
練習を続けることで左手が面白いほど動くようになったのが楽しかったです(^^)v
・9小節目はmfとあるが、pくらいから静かに始めて、11小節目から12小節目にかけて急激にcrescする方がカッコイイ。そして12小節目の最後ドレミファソラシドのdecrescはしっかり落とす。
・15小節目右手、なめらかに。
・21小節目右手は、22小節目に向けて勢いをかけるように。


2 ワルツ7番 by ショパン
ショパンは左手で音楽を作るものらしく、左手の単独練習をしていなかったために全然ダメで、先生に「これじゃぁ音楽になってないよ。」と、ちょい厳しい指摘をされました。。。反省(^^;
・全体的に、左手の和音がバラつかないように。
・全体的に左手の動きは、ズンチャーチャッと3拍目を投げ捨てるように弾かず、ズンチャンチャンと3拍目を大切に弾く。ベース音を大切にし、2つ目と3つ目の音は長すぎず短すぎず、程よい長さで。
・3小節目や4小節目などに見られる、右手の難しい動き。最後の2音間の移動は「タターン」といきなり移動せず、「タンターン」とゆっくり余裕をもって弾いてOK。また、この種の小節については全て、最後3拍目の和音を狙いにいくイメージで弾く。
・33小節目以降Piu mossoの左手。1拍目から2拍目の和音へは、「つないで」弾く工夫をする。そのための指使いを考察し直す。2拍目3拍目の左手和音は、薄く長く。練習時には右手をイメージし、ベースを大切に。
・33小節目からの右手。1小節ごとにcrescがついていることに注意。つまり小節の終わりの音は弱く弾くということ。指を立て、弾きやすいポジションを手首で探し当てること。
・40小節目の左手2&3拍目は盛り上げる。
・47&48小節目の左手は、消え入るように。Piu lentoに入る直前のところも然り。
・49〜52小節目の右手は一続きのレガート。指先で鍵盤を触り、細い音で淡々と弾く。
・53〜56小節目、一変して右手は歌う。そして57小節目からの4小節は、49〜52と同様指先で淡々と。ただし1回目のppより若干大きめの音で。
・53&54小節目の左手は、右手の歌いかたに連動させて。
・55小節目あたまの左手ソは、しっかり鳴らす。
・56小節目の左手は40小節目ほど盛り上がらせない。



3 ツェルニー30番練習曲10番
・1拍に4つの音があるが、1つずつcrescをかけて上の音にエネルギーを与えていくように弾く。
・親指の力を抜く練習を。腕を下ろし、腕に指がついてくるような弾き方をするように。
・淡々と音符通りに弾き並べるのではなく、フレーズ内で音楽を作る。
・9〜12小節目。左手と右手の強弱は分けてしまう。左手は強めの音、右手は小さい音から徐々にcrescをかけて12小節目で両手ピーク。
・13小節目ではまだdecrescをかけず、14小節目から急激に落とす。


ワルツ7番は、Piu lentoさえマスターすれば一応全体を一通り弾けるようになりますo(^-^)o
憧れ曲完成まで、ゆるやかだけど一歩一歩近づいてます。
スバラシイことですね〜!

ツェルニーは、もし次回合格がもらえたら、
いっきにブッ飛んで30番から降下してまいります。
スケール地獄、タイヘンそう。


☆次のレッスン9/7(日)への課題☆
ツェルニー30番練習曲10番
ワルツ7番嬰ハ短調 by ショパン
posted by ミカリン at 21:58| Comment(20) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミカリンさん、お久しぶりです♪
ショパンのワルツ。私もワルツに取り組むことになりました。が、弾いててどうしても退屈で野暮ったくなってしまうのでなぜか?とキーシンの演奏を動画で見ました。あまりにも凄すぎて参考になるどころか凹みましたけど…。とりあえず原因は左手だ!と自己解決。で、この記事をふむふむと頷きながら読ませていただきました。この左手が曲者で書かれてらっしゃるとおり和音を小さくしようとするとパラパラになるしワルツの肝のベースの音は外しまくりますしほんと手におえません!ムキーィッ!となります。
今週初レッスンなのでどのように指導してくださるのか楽しみです。その前に音拾っとかなきゃなんですが。。。
Posted by tamao at 2008年09月02日 23:02
ピアノブログ、御久し振りです!!
アクセス解析なんてあるんですね?!

たぶん、自分はほぼ毎日アクセスしてるのでしょう・・・
だって、楽しみなので(^-^)v
しゃーないです(笑)

全体の出来上がりが良くなるには、
やっぱりミカリンさんみたいに1小節ずつしっかり見ていくことが大事なんでしょうね。
なんとなーく弾いている自分に足りないところです。

がんばっていきましょーね!!
Posted by まちゃ at 2008年09月02日 23:46
ご無沙汰しています^^
ピアノブログ記事お待ちしておりました。

9番終わりましたね☆お疲れ様でした。
10番の仕上がりも楽しみデス。

ショパン、ワルツ弾けるとはなんともうらやましい・・・。
こっちはベートヴェンのバガテルとバッハ(インベンション、スタートします!)でドイツ曲漬けになっています。

インベンション「4番から〜」と志願したんですが・・・。「いえ1番から順番に・・・。」で片手練習ビッシリメニューです。
ピシュナ&バッハで左手ドS系特訓デス。ピシュナも今のところ8番に入り順調に進んでいます。
メニュー変わり少しレベルを下げたら指を徹底して鍛え上げられているのか?少しずつ感覚が元に戻っているのを感じます。一時期スランプだったのでいい傾向だと思います。
おたがい練習頑張りましょうね〜☆
Posted by 瑠璃 at 2008年09月03日 00:17
はじめまして。(o*。_。)oペコッ
最近、大人のピアノを始めたばかりで(独学でスタートしてます)、思わずこちらのページを見つけて最初の頃から読んでました。
もともとエレクトーンをやっていたのですが、全然勝手の違うピアノにかなりとまどっていて、なにからどうすればいいんだ〜!!って感じです。
結局の所、地道な練習が必要なのですね〜。
やっぱり独学っていうのには限界が・・・(早っ!)
とりあえず、バイエルはやめてチェルニー(なぜかリトルピアノ)とブルクミュラー25の練習曲をやってみようかと思っています。
これからも、ちょくちょくのぞかせてもらい参考にさせていただきますのでよろしくお願いします。
Posted by nanoha at 2008年09月03日 08:44
超ひさーしぶりのupですね。
同じぐらいにスタートしたはずなのに、ミカリンさんはショパンですか〜(しみじみ)
私の次の曲はシューマン「楽しき農夫」です。
チェルニーの効果はすごいですね。
チェルニーをやるまでは、ハノン1番が速度84が限界でしたが、今日やってみたら96が出来ました。
うーむ、私もミカリンさんみたいに、チェルニー30まで到達できたら、あこがれのショパンに手が届くかな?
お互いに頑張りましょうね。
Posted by ばらくーだ at 2008年09月04日 17:55
お久しぶりです〜
ワルツは確かに左手が重要みたいですね。
でも跳躍多いし大変ですよね。。私も左手だけよく練習しました〜
でもワルツのレッスンが終わった後、やっぱり左から忘れていきましたが(笑
なんとか維持しようとときどき弾くようにはしています。。(汗
また音源アップ楽しみにしていますね〜

私は一応グラナドスのオリエンタルがおわりました〜
よろしければ聴いてやってください〜
新曲もグラナドス、ビリャネスカって曲です。
またもや手をよく広げる曲で、苦労しています。。(汗
Posted by neko at 2008年09月04日 19:56
tamaoさんへ

お久しぶりです♪
そうですか〜、tamaoさんもワルツを(^^)
レッスンまでの音拾い、tamaoさんも頑張ってくださいね!

そういえば私、ワルツって初めてかもです。
左手のコツ、なかなか掴めないですよね・・・。
私も左手を上手く弾こうと思って集中すると、今度は右手メロディが置き去りになってたりでまだまだ修行が足りません。
ベース私も外しますねぇ。。。ワルツに限らず、左手の音域が広いといつも。首ごと目線を左ベースに必要な箇所だけ向けるよう心がけてます。和音のバラつきは、、、最近は鍵盤と各指の間の距離を極力無くすよう一旦ポジョショニングしてから鍵盤を下ろすよう心がけてますが、マシになりますよ(^-^)b
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 22:09
まちゃさんへ

こんばんは〜!
ほ、ほぼ毎日アクセスですか。それはそれはスミマセン(ToT)
夏バテやらなんやらで、ご迷惑をおかけしました〜(笑)
けどいつも見てくれてありがとうございます☆
アクセス解析はあるんですけど、そこの数字はあんまり信用できないっぽいです。ってのは思い込みか?

>全体の出来上がりが良くなるには、1小節ずつしっかり見ていくことが大事なんでしょうね。

うんうん、これって大事だと思います!
忠実に先生のアドバイスを全部表現しようとするとかなり神経使いますし、「木を見て森を見ず」状態になってしまうんですけど、弾き込んでいくうちにそれらが体に染み付いて自動的に弾けるようになってきて、そしていずれは客観的に自分の音を聴きながら気持ちよく「森」も感じながら弾けるようになる!
・・・のが理想です(* ̄▽ ̄*)
うーん、なかなか細かい点に注意しながら、全体のまとまり感を出すのって出来ないのです。納得いく演奏するのってホント難しいと思います。。。うーーーん。。。
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 22:18
瑠璃さんへ

ご無沙汰でございま〜す(^0^)
鶴9の左スケール地獄はおかげさまで無事?終了です。
10番は、なんか比較的簡単に感じてしまうせいか、テキトーに流して弾いてしまってます・・・大丈夫かなぁ次のレッスン( ̄▽ ̄;

ドイツ漬けもいいですね♪ベートーベン弾きたいです。ソナチネ1曲とエリーゼしか弾いてないんですが、私の今のレベルで弾けるベートーベンってあるんですかね?ただし明るい曲で。月光第1楽章もいいんだけど、レパが暗い曲ばっかりなんですよねー↓↓↓

インベンション、普通はそれなりの難易度順で進めますよね?キツイですねぇ。。。力のつく方法なのかな?

ピシュナも順調なのですね(^^)スゴイなぁ。
私も基礎練たくさんやりたいんですけど、しばらくツェルニー(とショパン)でいっぱいいっぱいでしたので、前みたいなハイペースを取り戻すにはちょっと時間がかかるかもです。うーん、もっと速く進みたいからナントカしないと。
また計画でも練ってみます。刺激をありがとうございマス!
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 22:31
お久しぶりです☆

私も憧れのK545の一楽章に着手し始めましたが、忙しいのとなかなか最近気が乗らないのでオサボリモードになってます…K545は確かに難しいですが、さらり☆と弾けるようになれたら素敵な一曲ですね!

ミカリンさんもお忙しいでしょうが練習頑張って下さいね!変わらず「ヒトリゴト☆」の方も楽しみに読ませていただいています!
Posted by りん at 2008年09月04日 22:44
nanohaさんへ

こちらこそはじめまして♪ (o*。_。)oペコッ←これ、カワイーですね。
ご愛読ありがとうございます!ひゃ〜、もっと頑張らなきゃだわ。サボっててスミマセンねぇ。

元エレクトーンということは、読譜は出来るけどピアノの扱いかたが分からない・・・って感じなのでしょうね。苦労を感じる部分が全く違うんだろうなぁ。
同じような方にネットでお会いしたことありますが、独学で地道にバイエルあたりからされてました。で、さすがにとっても進度が速かったです!私、楽譜が苦手なので羨ましい限りでした・・・(^^;

独学は実はワタシも断念したクチでして・・・( ̄▽ ̄ゞ
なんか暗闇の中を手探り状態だったので、あぁやっぱ教えてもらった方がいいや〜と思って習いに行ってしまいました。
けど独学でも充分上達されてる方もいらっしゃいますよね。
スゴイなぁ〜と尊敬してしまいます。
で、独学の大人ピアノレスナーさんに私がオススメしたい教材を(^0^)
ピアノの開始段階で、指作りではツェルニーとリトルピシュナ、脳を鍛えるにはプレインベンション、表現力はブルクミュラー25もしくはギロック「こどものためのアルバム」です。慣れてきたらソナチネアルバムもいいですよ〜(^-^)b

私もブルグは一通りやりましたし楽しかったですが、終ってみてギロックの魅力にとり憑かれ、「あぁブルグよりギロックにしとけば良かったかもなぁ(>_<;)」と若干後悔しました。。。それくらいギロックが好きです(*UvU*)
一度ギロック、機会があれば聴いてみてください。私は「こどものためのアルバム」からはまだ2曲くらいしかアップしてないですが、ステキな曲てんこもりですよ♪
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 22:52
ばらくーださんへ

こんばんは!ホント、超ひさーしぶりになってしまいました。ダラダラしてました〜(笑)
はい、ショパンのワルツは格上の曲ですが、なんとかついていけてる・・・と思います。難しいですけど、弾いてて心地よいですよー(^^)

「楽しき農夫」は右手が難しかった記憶があります。確かバイエルに載ってましたよね・・・?思い違い?
バイエルは独学でザーッとすっ飛ばしてやったので、マジメに弾かなかったですが(笑)楽しい曲ですよね♪

ツェルニーの効果、実感中なのですね(^^)私もドSの30番にハマってます。ハノンに成果が現れたのはスゴイですねぇ!
30番をやってると(まだまだ序盤ですが)、「あ、上達してるかも?」という感を所々で感じるようになる気がします。
ばらくーださん、K545もされてましたし、もう30番いけると思いますよ〜。先生の方針ならしょうがないかもですが。。。
いずれにせよお互いこれからも上を目指して頑張りましょう(^u^)v
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 23:01
nekoさんへ

nekoさん、お久しぶりです〜♪
ワルツ、なかなか苦戦してます。というか、左手単独練習を「見て見ぬフリ」をしてたので(笑)、ダメ出しされてもしょーがないんですがね。ハァ。
初めの頃よりは音楽になってきたと思うんですけど・・・。また近いうち現状をUPするので、良かったら感想など聞かせてくださいね(^0^)

そうそう、弾かないと指が忘れてしまいますよね。左手から・・・分かります〜(笑)取り戻すのも一苦労ですよね、左手。楽譜に強ければ、カバー出来るのかも?


グラナドスのオリエンタル、お疲れさまでした!また拝聴にうかがいますね(^0^)
スペイン、ハマっちゃいましたか?(笑)地道な柔軟体操が役に立つといいですね。
しかしオリエンタルはいい曲ですよね〜、私も弾きたいです。ホントに。
でも雰囲気がメンデルさんのベニスの舟歌に似てるので、そんでもって弾きたい曲は相変わらずてんこもりなので、他のやつにします。nekoさんが代わりに弾いてくださったから、オッケー(笑)
私は、次こそは明るい曲をチョイスします!
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 23:09
りんさんへ

りんさん、お久しぶりです☆
そうですか、りんさんもオサボリモード。。。
まぁ、先は長いですし、お互い地道に頑張っていきましょう!細く長くが、息切れしないために調度いいのかも?
モーツァルトいいですねぇ。私は一体いつになったら憧れのK545に手が届くかな。
最近、☆きらきら星☆にも弾かれてます。めちゃくちゃ長いですけど、ソナタ弾きくらいのレベルになったらチャレンジしたい・・・なぁ〜。

「ヒトリゴト」の方も、相変わらず気まぐれですが(笑)まだ辞めるつもりはないので、ドゾよろし9お願いします(o*。_。)oペコッ
Posted by ミカリン at 2008年09月04日 23:15
私もおさぼりモードで、ブログにはどうでもいいような話ばっかりかいています。
でもたまにはレッスン記録もしているのでよかったらみにきてくださいね。

ところで、ミカリンさんは私と同じくレッスンで二曲しかやってないのですね。
どうですか私は自分のキャパ的には二曲でいいのですが、なんだかエチュードをしなくていいのかなとか思うことがあるのですね。どうなんだろう?????
ミカリンさんは鶴をしているんだっけ?

そうそう、ブログって更新しないとアクセス数がめっきり減りますよね。
音楽ブログだと音楽についてしか書けないので、
なかなか限定されるし、
プライベートでごたごたしていると更新することができなくて、だけど自分が更新してないのにアクセス数が少ないとちょっと悲しいですね。
Posted by のぞみ at 2008年09月05日 03:23
>そしていずれは客観的に自分の音を聴きながら気持ちよく「森」も感じながら弾けるようになる!

そうそう、最後はそこなんですよね!!
自分の音を聴ける位の余裕があって、
そしてその音を聴いて足りない部分を足したり引いたりラジバンダリー・・・って違いました、すみません。

でも、自分の弾いてる音を聴けるくらいになると、
弾いてる途中でも修正がききますしね!!

でもでも、ミカリンさんは俺なんかより全然上のレベルだから、
俺も頑張らないと!!
っていうか、ほんと気合入れて頑張らないと追いつかないと思います。。。

・・・仕事、やめようかな・・・ウソですけど・・・

と、とりあえず、ピアノも恋も頑張って行きますです!!
Posted by まちゃ at 2008年09月05日 23:41
お久しぶりです!
更新の間隔あいても投稿したら分かるようにしてるんで、僕は読みに来てますよ〜。

ショパンのワルツ7番は僕も弾いたことあります。
とはいっても、先生につく前だったんで、ちょこっとやって未完成のまま投げ出してしまいました。
3小節目の右手はもちろん弾けてません・・・。(^^;)

僕は"亜麻色の髪の乙女"を弾いてる最中なんですけど、その曲も左手が難しいです。
お互い完成目指して頑張りましょうね♪
Posted by ぶい at 2008年09月06日 08:24
のぞみさんへ

こんばんは(^^)
そうですよね〜。モチベーション持ち続けるのって難しい上に、私生活でもいろいろあるしで、練習も更新もずっと途切れずにやるなんてなかなか出来ないことですよね。確かに、読者さんが減っちゃうのはちょっと寂しい・・・(笑)
けど最近は、登録したブログがアップされたらお知らせしてくれる便利機能なんかがあるらしいですね。
うちのSeesaaブログにも、最近そういう機能がついたらしいですけど、パソコンに疎いからまだ利用してないです。
早速チャレンジしてみよう♪のぞみさんのブログも、読者登録させていただきますね(^-^)v

レッスンの曲数ですが、やる気も余裕もなくて2曲にしてますけど、ちょっと前までは1度に4〜5曲やってました。
以下の構成で。。。

1.スケール&アルペジオ
2.ツェルニー30番
3.バッハインベンションとソナチネアルバムを交代で
4.ギロック「叙情小曲集」「こどものためのアルバム」ないし他の自由曲

また上のペースを取り戻せるもんなら取り戻したいんですが、仕事のための勉強時間も要るようになったので、これからどうしようか考え中です。
ピアノだけにドップリってわけにいかないんですよねぇ、大人って。1日が24時間なのが痛い。というか、仕事が8時間とか言わず4時間とかならいーのにな(笑)
のぞみさんもナントカやる気取り戻してください!
ピアニストが弾いてるのを見ると、ウッシャ!って気持ちになったりします、私の場合。
Posted by ミカリン at 2008年09月06日 20:07
まちゃさんへ

ラジバンダリー?(笑)なんのこっちゃ。ドッカーン!←意味不明。。。

そうそう、弾き込むと余裕が出てきますよね!
なんだかそこからが本当のスタートって気がします。「音楽」を作るための。。。
そこまでが苦労するのに、ふぅ。

私なんかまだまだ全然上のレベルじゃないですよー(^^;)
偉そうに色々自由に書いてますけど、ホントに楽譜が苦手だし腕も指もコチコチだし。人前で弾くと真っ白になって何も出来なくなるし。。。
いずれにしても日々精進!ですな!!
仕事は、続けましょう(笑)
恋のほうも頑張ってくださ〜い(@^^)/~~~
Posted by ミカリン at 2008年09月06日 20:15
ぶいさんへ

お久しぶりです!
そうですか、そんな便利機能を使われてるのですね。最近Seesaaブログにも、そういう機能がついたらしいので、早速ぶいさんのブログの読者登録をします(^-^)v

3小節目の右手は難しいですよね。。。私も始めて2ヶ月?3ヶ月?経っても、まだ上手く弾けません。

"亜麻色の髪の乙女"いいですねぇ♪偶然、携帯メールの着メロだったりします(^^)
ぶいさんはいっつも目指すハードルが高いですよね!
スゴイです、ホントに。コンクールとかマネできないです〜(^^;
Posted by ミカリン at 2008年09月06日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。