2009年09月20日

第227番 ツェルニー30−30

ツェルニー30番は、10番まで合格できていたので
今度は30番から26番まで逆戻りで進めていきます。

で、練習中の30番ですが。。。
左手が右手の速度についていけない(^^;)
なので今日は左手のスパルタ特訓をしました。
とにかくゆっくりの速度でリズム練習とスタッカート練習。
リズム練習では、打鍵する指をなるべく高く上げて弾くようにしました。
曲を弾くときは指を上げないほうがいいけど、
こういった練習のときは指を上げて弾くと鍛えられるらしいので(^-^)b

目標速度は、表記のある速度は相変わらずトンデモナイ速さなので
それの7割(つまり四分音符=112)を目指したいと思います。
8割もチャレンジしたけど、相当左手がキツイみたいなので・・・。
今日の練習では、四分音符=100がギリギリくらいだったかな?
もっと速くなめらかに弾けるようになるまで、
スパルタ特訓を頑張りたいと思いますo(^-^)o
あぁ、強弱もつけなきゃだわ。
posted by ミカリン at 00:29| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツェルニーマジック・・・テンポが2分音符で書いてあるんですよね・・・・・・・
あれは〜〜〜〜インテンポは無理です〜〜〜〜(-_-;)

ツェルニーは、自分は
「リトルピアニスト」
というのから始めたら???って先生に言われてます。
ツェルニー30番の前のレベルってことなので、
まぁそのくらいがいいんですかね〜〜〜??

基礎練習は大切ですから、
ツェルニー、頑張って行きましょうね!!
Posted by まちゃ at 2009年09月27日 23:37
まちゃさんへ

そうそう(笑)二分音符で書いてあるんですよねー。
私のピアノの先生も、インテンポは目指す必要ないっておっしゃってましたよ(^^)
テンポを気にするより、確実に打鍵することが必要だとか、言われてた気が。

「リトルピアニスト」は聞いたことありますけど、私が100番を手がけたときは存在を知らなかったんですよね〜。
先生が言われてるなら、いい選択かもしれませんね(^0^)
頑張って一緒に30番でしごかれましょー!(笑)
Posted by ミカリン at 2009年09月28日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。