2011年07月09日

No.1 ボーカルレッスン初回

ボーカルレッスン初回に行って来ました(=^ェ^=)

いろーんな収穫が得られたので、やはり始めてみて良かったです♪

まず最初に、座って上半身をリラックスさせて、じっくりと腹式呼吸の練習。
当たり前だけど、腹式呼吸ってのはお腹に息が入るんじゃなくて、全部息は肺に入るんだけど、横隔膜が下に下がることで息の入る量が多くなって、んで下りた横隔膜に内臓が押し出されるためにお腹とか背中が膨らむんやって。
リラックス状態で腹式呼吸が出来るようになったら、そのまま腹筋をオンにしても腹式呼吸が継続できるようにする。ゆくゆくは立った状態でも同じように腹式呼吸が出来るように。
しかしこれが出来ない( ̄▽ ̄)
練習あるのみ、ですな。

次にハミングの練習。
響くハミングの方法ってのを、初めて知った!
今まで鼻歌は、口が完全に閉じた状態(舌と上顎がくっついてる、上下の奥歯もくっついてる)で歌ってたんだけど、唇を自然に少し前に突き出して、口の内部を縦に開いて喉も開くと、より良い響きのハミングが出来るようになった♪
で、その「響く」ハミングをした状態をキープしながら同じ息で「アー」に変えて声質を六拍キープ。ええ声が出る!

なんか、めっさオモロイやんかっ( ̄▽ ̄)

次は、唇をブルブル〜ってしながらの音階練習。
吉田美和がやってたのと同じやつや!!(笑)
しかしなぜか私がブルブルやると、余計な力がこもるのか、口角が下がってしまう。
何回やっても…(^^;;
への字口やからか、フルートやるから癖なのか、、、これは困った。鏡で見ながら練習しないと。。。

最後は歌の練習♪
夏川りみの「涙そうそう」への苦手意識を克服したくてチョイスしました。
まずは1番だけを原曲キーでカラオケにのせて歌った。
が、いつものごとく、マイクを持つと上手く歌えなくなって撃沈…(笑)
まぁ、レッスン中に悪い癖が出て良かったなり( ´ ▽ ` )
先生も、「どうしていいか分からず終わってしまったーって感じでしたね。」とズバリ(笑)
そのとーりですー!
で、再度チャレンジして、初回よりはAメロが少しだけマシに歌えた。
「出だしはとっても良いんですよ。でも、次が萎んでいってしまう。『めくり』と『ありがとう』のどっちを言いたいか考えるのが大切なんですよね。」
ふむふむ。そぉいや、各フレーズの頭を特に同じように強調するとか、考えて歌ってなかったな。なるほど!
で、サビ。急に高くなるから、自信がなくなって声が小さくなってしまう(^^;;
「晴れ渡る日も」のサビに入ったところは頑張るんだけど、「浮かぶあの笑顔」が全然出せない。
先生に聞くと、「諦めないことですね。」と…(笑)なんか納得できる〜。そうそう、うまくハリのある声が出せず、そこで諦めてしまうねんなぁ。しっかり意識して、いい声を探してみる。
それと特に悩むア行の発声についてコツをたずねた。
「浮かぶあの笑顔」の「あ」が、1番キメたい音なのに、どこから声を出したらいいか分からなくて、いつも弱々しくなる。和田アキコみたいに「ハ行」にはしたくないし、喉の奥をいったん閉じて「あ」を出すと汚い地声が混ざる。
先生いわく、「喉だけで出すんじゃなく、胃のあたりと喉を同時に連動させて出す。驚いて『ハッ!』となるあの感じを思い出してみて。」ですと。
諦めず、恐れず、ハッ!ね。
うし、研究やっ!
posted by ミカリン at 00:33| Comment(2) | Vocal奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいなー。腹式呼吸。。。私も若かりし頃、劇団に所属していて、そこでしこたま複式呼吸やらされたよ。一番簡単にできるのは、仰向けに寝そべって、リラックスしながら呼吸するの。これは誰でも複式で呼吸できる。お腹に手を当てて、横隔膜を意識しながらやるんだけど、無意識より意識することがなんでも大切ね。立つととたんに難しくなるよね!がんばー!
Posted by sato at 2011年07月10日 11:29
satoさんへ☆
わーい、アドバイスありがとう!!あの澄んだハリのある声は、劇団時代に培ったベースがあってこそだったのね。
昨日寝る前にちょっとだけ練習して、そのまま意識が無くなりました〜(笑)ベッドの魂吸い込み力ってスゴイよねぇ( ̄▽ ̄)
毎日気づいたらやってみます♪
Posted by ミカリン at 2011年07月11日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。