2007年09月30日

第178番 ソナチネ2の8「ロンド」

このロンドを弾き始めて1ヶ月近くが経とうとしてるけど、
ようやく「こんな感じの曲ですヨ〜」と分かる段階まで弾けるようになってきた。と思う。
あ、ちなみに作曲者はクレメンティ師匠。
去年の7月にピアノの発表会で小学校低学年の女の子が弾いていて聴き惚れた曲です。
そのときの記事↓
http://chopinut.seesaa.net/article/21212197.html
1年前憧れてた曲を、自分が今弾いてるなんてね〜(*TvT*)ジーン

もしかしたら、同じ頃に憧れて弾いていたブルグ18の
超かっちょイイ「大雷雨」も、頑張れば弾けるようになるかも?
アルペジオの練習始めたし、少しはマシになってるかなぁ(^^)
は!またまた浮気モード(笑)
このロンドが終ったら、バッハのフーガが待ち構えております。
あんな曲、絶対弾けるとは思わないけどね・・・今んとこ。

0930sona2-8rondo.mid
まだヘタッピすぎてmp3で録るのは容量がもったいないのでmidiで。
いい曲〜♪もっと磨きたい!
こないだのレッスンでT先生に言われたとおり、
これから苦手箇所の部分練習をしないとo(^-^)o
posted by ミカリン at 12:22| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

第177番 十三回目のレッスン♪(Lesson T)

う゛〜・・・寝不足で辛い(ToT)
一昨日、家の中にヤモリが出ました。。。
白い壁にグレーのがチョロチョロペタリと(ーー;
窓にへばりついてるときヤツのお腹側を見るのは大丈夫だけど、
グレー色の背中側を見るとたまらなく気持ち悪くて、昔から泣くほど大っ嫌いです。
でも、出たのが夜中だから結局どうすることも出来ず
そのまま寝床についたけど、眠りに落ちそうになると
ヤモリの夢を見てドキドキして起きてしまう、の繰り返し。
昨日友達に部屋中すみずみまで探してもらうといなくなってたから
もう大丈夫と分かってはいても、まだ緊張がとけません(;_;)
昨夜の睡眠も3時間だし〜〜〜。
今日は安定剤に頼って安眠しよう・・・zzz

ピアノレッスンでも、気分がすぐれないしおまけに練習ろくに出来なかったし、T先生にめっちゃ嫌な思いさせたかも(ToT)ピー

1 スケール&アルペジオ Des dur,Ges dur の2オクターブ・ポイント伝授(2回目)
2 ツェルニー30番練習曲3番(2回目)かわいい合格
3 ショパン「カンタービレ」(3回目)
4 ソナチネアルバム2の8番ロンド(2回目)

かろうじて鶴だけOK(^-^)v 30−3は楽しかった♪

カンタービレ、あきまへんでした。カーン。
歌えるようにはなってきたから、あとは伴奏の表情を考えてみて、とのこと。確かに左は適当だったからな〜。次こそ!!続きを読む
posted by ミカリン at 23:11| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

第176番 カンタービレ by ショパン(4)

連日のカンタービレ。
どうも歌いこなし方のイメージがつかめないので、
お手本を探したところ、とあるダウンロードサイトで発見♪

やっぱプロのモノマネをするに限るよね〜手(チョキ)
模倣から創造は生まれるのである!!(←えらそう。)

何回か聴いて、早速なんとなくマネて弾いてみました。
ところどころに自分らしいエッセンスを残しつつデスヨ。


突然の速弾きで左手がついていけてないけど・・・
良くなったんでないッ?!(≧▽≦)v
モノマネパワー、恐るべし。
鶴もソナチネもCD買うべきかなぁ?
結構高いんよね(TvT)

これでなんとか木曜のレッスンに間に合わせられたら。。。
でないと次のアルベニスが、いつまで経っても弾けないし〜失恋
posted by ミカリン at 16:45| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

第175番 カンタービレ by ショパン(3)

最近テスト勉強のおかげでめっきりピアノの練習時間が減りました(^^;
これまでサボってたツケで・・・1日5〜6時間くらい勉強!ありえへん〜。でも範囲広いし、それくらいしないと↓↓
この根性がもっと若いときに発揮できてたら、人生違ってたかも?
うんにゃ、これから巻き返しッ!
こんだけやって検定落ちたら、テストの神様を恨みます(ーー;
11月半ばまではピアノの方はちょっとノロノロペースになりそう。
ですが皆さまあたたかく見守ってやってくださいましね(^-^)/

今日はサボりがちなショパンのカンタービレを中心に練習。
左手の和音の音がでっかくてうるさかったので、
鍵盤に「指を置く」感じをつかむ練習をしてみました!
スローペースの曲で右手の力を抜くのはだんだん慣れてきたんだけど、左手は何を弾いてもヒジのあたりが疲れるので、まだまだ脱力が出来てないみたいで苦心してるんだけど・・・(^v^;)
今日の練習では、いつもよりいい感じでリラックス出来た気がします(^^)v



力抜けてるんちゃうん?!

これから右手のイメージトレーニングをします。
この曲なかなか上手く歌えないんだよねぇ・・・(T_T)
イメージが作れたらその強弱や動きに合わせて、
左手もちょっと変わってきそう。
んんー、難しいな。。。
posted by ミカリン at 16:45| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

第174番 ツェルニー30−3

鶴30の3曲目♪
30÷3=10だから、3曲をあと10セット!!
(あまりにも単純すぎる計算・・・)
10番あたりから急激に難しくなるらしいですからね。
こんなとこで苦戦するわけにはッ・・・!

現状↓

弾いたあとでメトで測ってみるとおよそ四分音符=125でした。
指定速度は四分音符=144なので、
125÷144≒0.868
∴指定速度の8割超え!!

ムキャー黒ハートミカリン、かーっちょイイ〜ッるんるん
けど、実際8割超え出来るのなんて鶴30ではきっとこの曲だけでしょう。。。今だけ優越感をじっくり味わっておきましょレストラン
にしても、なんだか今日は算数のお勉強チックです。
最近簿記を勉強しているせいか、数字を見ると電卓をたたきたくなるんですよね〜。

ミスなしまでもうちょい!
まだ先生のアドバイスを気にかけて弾ける状態ではないので
とりあえずミスを減らす努力をして、徐々にアドバイスも取り入れていこうと思ってマス。

この曲好きなんだけど、右腕がだるくなる。
先生が、リズム練習を勧めてくれたのでやってます(^^)

3つ並んでる音のうち、真ん中の音もしくは最後の音にアクセントを置いて、それ以外の音は力を抜く練習です。
これをやっていて、この3番は腕の重心移動の練習なんだなぁ、と分かりました!
右腕がだるいのは変な力みが入ってるからなんだろうなぁ。
このリズム練習で改善できるかも(*^^*)
posted by ミカリン at 14:12| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

第173番 十二回目のレッスン♪(Lesson T)

あ〜っ!先生に、毎日の基礎練のこと相談するの忘れた!!
・・・最近忘れっぽくて困ります(^^;
もともと物忘れに関しては昔から激しいけど、
最近ますます輪をかけて忘れっぽくなってきた気が。
そういえばこないだ友達とそのことについて話してたんだけど、
私のような普段から忘れっぽい人のほうが、逆に将来ボケにくいらしい。
ヤッタ〜(^0^)/

1 スケール&アルペジオ Des dur,Ges dur の2オクターブ------ポイント伝授
2 ツェルニー30番練習曲3番---------------------------------------不合格
3 ショパン「カンタービレ」--------------------------------------------不合格
4 ソナチネアルバム2の8番ロンド-----------------------------------不合格

うーん。
お友達のブログを読んでてたまに思うのだけど、この「不合格」てのはあんまり使い勝手がよろしくない気がするなぁ〜。
まだアドバイスをそれほど貰ってない曲が一発合格するはずもなく。
長い曲も出てくるだろうし〜。
てなわけで、以後は表記を変えよう(^-^)b
次までに考えとこーっと!(また忘れそう。。。笑)続きを読む
posted by ミカリン at 21:47| Comment(6) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

第172番 カンタービレ by ショパン(2)

ショパ様のカンタービレ、2回目UPでぃ(^^)



こないだのレッスンで先生にもらったアドバイスを参考にして自分なりに弾いてはみているものの・・・。
まだまだ試行錯誤中ってところです。
やっぱ録って聴くって行為はいいですねぇ。分析分析!

「カンタービレ(歌うように)」
この言葉を聞いたことのない日本人は、もうあまりいないかもですねぇ。
意味まではあまり知られてないかもだけど(^^)
うーん、左手に気を取られてしまって、
まだまだ右手でメロディをカンタービレ出来てないですね(^^;
お風呂でラララーーーッて歌って、イメージ固める作戦でいってみよう♪続きを読む
posted by ミカリン at 22:19| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

第171番 リクエストが・・・♪

実は昨日、「この曲をピアノで弾いてほしいです〜っ」と
このワタクシにリクエストがまいりましたぴかぴか(新しい)

ウヒョーーーーーーーッ(≧▽≦)
つ、ついに私にも ファン が?!

・・・というのは冗談でぇ(笑)
私のピアノ演奏を聴いたことがない友達に、単に頼まれただけ♪

なんか、「菊次郎の夏」って映画に使われてた
久石譲の「Summer」って曲らしいです。
なんせ映画を観てないもんで・・・(^^ゞ
プレ王で聴いてみて、あぁ〜これ知ってるわ!って。
久石はんの曲はいろんなバージョンで編曲されてるし、
「簡単バージョンで良いなら、弾くよ〜♪」
と気前よく引き受けてしまいました。

で、早速楽譜ダウンロードサイトで探してみたら、
私が求めてた超初級レベルの楽譜がなくて↓↓
「初中級」と書かれた楽譜を買ってみました。税込み315円也。
弾いてみたところ・・・ウッッ(ーー;
てな感じでした。。。ひ、弾けるかな?
なにはともあれ、リクエストなんて張り切ってしまうワo(^-^)o
posted by ミカリン at 20:10| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

第170番 十一回目のレッスン♪(Lesson T)

今日は21日ぶり?のレッスンでした。
前のI先生とのレッスンと合計すると、ちょうど40回目のレッスン!
40ってスゴイ数字やぁ〜!!!

今回はお盆休みの猛特訓が、ちゃんと実を結びました〜っ手(チョキ)

1 スケール&アルペジオ Es dur,As dur の2オクターブ------ポイント伝授
2 ツェルニー30番練習曲2番-----------------------------------合格
3 バッハインベンション1番--------------------------------------合格
4 ショパン「カンタービレ」----------------------------------------不合格

鶴&バッハ、一発合格ッ(*^v^*)
見たか〜っ、天国の偉大なる師匠どもっ!

鶴30の2は、もうちょいドSの鶴さんにしごかれるつもりでいたんだけど、
これで十分キレイですよーとT先生がおっしゃったので
ちょっと拍子抜けしましたが・・・先に進めてウレシイのだY(^0^)Y続きを読む
posted by ミカリン at 21:43| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

第169番 レッスン曲の構成を変える?

今、自分の実力で手が届きそうな範囲で
どーーーーしてもすぐに!!弾きたい曲が2つあります。

第1位 ヴェニスの舟唄(無言歌集op.30-6) メンデルスゾーン
第2位 組曲「スペイン」より前奏曲 アルベニス

うぉ〜、並べて書いただけで、ノドから手が出そうになる!!
レパに・・・レパにしたいぞーーーーーぅ。

でも、今レッスンではショパン弾いてるし、
その次にはソナチネアルバム2のロンドが控えてるしで、
なかなか先が長くて、、、キーーーーーッムラムラーッo(>д<;)o
ってなってます。
ショパンのカンタービレもいい曲だし、ソナアル2の8番ロンドもいい曲だけど、私にとっちゃぁ、上の2曲にはちょっと魅力が及ばない。
でもショパン弾きたいし、ソナチネも弾かなあかん。

ところで、この頃は1レッスンにつき4曲を先生に見てもらってます。その構成はというと、

A. スケール&アルペジオ
B. 鶴100 or 30
C. バッハ
D. ソナチネ or ギロック or 自由曲(ショパン含む)

・・・となっています。

これで分かったべさ。(←誰?)
私の欲求不満の原因がっ!!

Dに曲が、詰まりすぎ雨続きを読む
posted by ミカリン at 00:13| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

第168番 インベンション1番(2)

こないだ、右下に生えている親不知の周りが炎症を起こしてしまって、ほっぺたが風船みたいにプク〜〜ッと膨れ上がりました。。。
右上の親不知が伸びてきて、下の親不知の周囲を傷つけてたらしいです。
もう抜き時でしょう、ってことで生まれて初めて抜歯を体験。
メキメキーッて鳴ってたなぁ。
これは怖そうだと思って終始目ぇつぶってましたが、
上の歯だからかアッサリ抜けて、なんてことなかったです。
にしても、ほっぺたってメチャメチャ膨らむんですね!!
マンガで見たことあるくらい膨らんでビックリ☆
おかげで超ブサイクやから数日外出できず・・・↓
で、やっぱり家にいるとピアノを弾いてしまう私なのでした〜。

初めてのインベンション!
弾き始めてからどれくらい経つかなぁ?
盆休みの猛練習のおかげで、だいぶ形になってきましたっY(^0^)Y
ありがとう、お盆! ありがとう、ご先祖サン!



あ、たまに抜けてるトリルだけど、
ここ1ヶ月ほど湿気で(?)シの音が下がりにくいのです。
失敗もするけどピアノのせいでもあるんですよッ!…と、言い訳。
トリル苦手な上に鍵盤が下りないなんてねー。
また調律のおじさんに見てもらわないと。。。

あまり好きではないはずなのに、なぜかムキになってしまうこの曲。
右手にも左手にも聴かせどころがあるから、
死なせてはいけない音を死なせてるところがあるような気がして、
耳をこらして何回も何回もとりつかれたように弾いてしまうのです。
自分なりにやれることはやりきった!!
と思うので、あとは先生のアドバイスを待つかな(^-^)
強いて言えば、ノンレガートで弾けてないかもってこと?
・・・え?それってもしや、全然ダメーってことじゃ。。。
(今さら気付いてもねぇ。)

そうそう!
グレン・グールドは弾いてるとき神(バッハ)の声が聴こえてるみたいだと
先日ばらくーださんがおっしゃってましたけど、
若干予知能力のある私なら神(バッハ)の声が聞こえるかも♪
と思って耳を澄ませてみました!
・・・聞こえなかったです(笑)
神様バッハ様はまだ私のところには降臨してくれないみたい〜。
posted by ミカリン at 21:26| Comment(8) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

第167番 ツェルニー30−2

23日(木)はレッスンの予定でしたが、
こちらの都合で30日(木)に変更になりました〜。

お盆休みは存分に練習したけど、明けてからはあまりピアノに触らず(笑)ちょっと鈍ってしまった感じ。
モッタイナーイ。。。(^^;
けど、1〜2日サボってから久々に課題曲を弾いてみると、
意外と毎日練習してたときよりも上手くなってることって
あるような気がします。
寝かせておくといい場合もあるんかな?
盆の猛練習はムダにはなっていないみたい(^-^)v

さてさて、今日は約1週間ぶり(?)に「真剣に」練習しました!
特にタイトルの鶴30−2。
お友達のなるなるさんが、「鶴30は速度が要求されるよ〜」
と言われてたんですが、いまナルホドと痛感しているところです。

この2番の指定速度は、二分音符=108なんですけど、四分音符に変えると倍だから216
とんでもない速度です・・・(^^;
前に習ってたI先生は、指定速度で弾く必要はないと言われてたし
他の教室でも大方そうみたいなので、元々指定速度で弾くつもりはないんですけど、
じゃあ一体どれくらいの速度で弾けるようになれればいいのか?
って疑問が出てくるわけです。
ネットで調べると、「指定速度の6〜7割で弾けたら合格にするところが多い」と書いてるホムペがあったので、
んじゃそれを目標に据えてみるか〜っo(^0^)o
・・・って意気込んでみたんだけど、
四分音符=216の6〜7割っていうとつまり
四分音符=130〜151程度という計算に。
これまでは慣れるためにゆーーーーーっくり弾いてたんだけど、
今日早速最終目標の四分音符=151で弾いてみました♪
が・・・結果はボロボロ(笑)
7割でもまったくついていけない速度でした(ToT)
左手小指は置きっぱで辛いし、他の指はバラけるし。
なんとかついていけるか?というのが、四分音符=120。
そこから慣らして徐々にあげていくっきゃないですね(^^;
メトロノーム必須!!
なんか、ホンマに「トレーニングしてますーっ!」て感じ。
ピアノはスポーツだと言われますが、分かるような気が。

これまでのツェルニー100番練習曲なんかは
ピアノの基本テクと譜読みに慣れるための練習って感じでしたが、
30番以降はなんだか雰囲気が違います。
「本格的ピアノレッスンの世界へようこそ。ウッヒッヒ〜」
とカール・ツェルニー(ドS)に言われてるような感じ。
これまでの苦労はただの序章にすぎなかったのね・・・(TvT)
posted by ミカリン at 17:03| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

第166番 バッハをどの順で?

9日間の盆休みも残るは土日の2日間のみ。早いな〜。
いま再就職のために、簿記2級&3級のW受験に向けて勉強中。
なので、この9日間はみっちり勉強してやる〜っ!!!
・・・と意気込んでいたんだけど、
いったんピアノの前に座ってしまうと、もうダメ。
一日中ピアノの前で過ごしてしまって・・・( ̄m ̄;
実家に帰ったりもして弾けない日もあったけど、
ここ3日ほど毎日ピアノ漬けな状態です。
おかげで勉強のほうはサッパリ。。。
暑すぎるし、勉強は9月から2ヶ月間にすっかな♪
これって、ピアノを勉強の逃げ道にしてる・・・?(っぽい。)
インベンション1番なんて、3日前にUPしたのと
比べ物にならないくらい上達してしまいました〜♪ヽ(´-`)/
いいんだか、悪いんだか。

で、考えるのは次のバッハの課題曲をどうしようか?
ってことに自動的になってしまうわけですよ。
インベンションか、小プレリュードか、小フーガか。
せっかくの盆休みなので、候補の曲を決めるまでは寝ないことにしました。
(その間に勉強せんかいって話やねー。アハハ〜♪)続きを読む
posted by ミカリン at 01:58| Comment(9) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

第165番 カンタービレ by ショパン(1)

インベンションに続き、
黒ハート愛しのショパン・デビュー黒ハート

デビューが多いと楽しくなる〜o(^-^)o
これから弾ける曲がだんだん増えてくると思うと、
もうそれだけでワクワクしますっ♪

昨日の晩、ツェルニー30番をいろんなサイトで試聴しました。
デビューしたての頃は「ウッ・・・(ーー;」と思った鶴30ですが、
弾けるようになってやる!!って気合い満々になってしまった☆
だって、こなせばこなすほどに憧れの曲に手が届くようになるわけですからーーー揺れるハート
鶴とソナチネを頑張れば、いつかベトソナに辿り着けるのね(*UvU*)



もっと揺らしたり強弱差をつけたりしたいのに、
まだまだ音を正確に鳴らすのに精一杯な状態(^^;
早く慣れたいなぁ。たどたどしい。
にしても、まったく聴いたことのない曲です。
どなたかご存知・・・?このカンタービレという曲。

これまで弾いてきたツェルニーとかブルグ、ソナチネあたりは
左手がロマン派特有の幅広い動きをしない曲ばかりだったので、
こういうタイプの曲に触れてみて、またもや壁が目の前に。。。
いつかショパンエチュードなんかを弾けるようになるには、
時代が違うからツェルニーなどの練習だけではダメなのですねぇ。
ギロックの叙情小曲集はロマン派を弾く前のつなぎの練習らしいですが、こうやってショパン本人の簡単めの曲から入っていくのも、やはりいいもんですね。
ピアノ再開のキッカケはショパン様で、始めてからこれまで
数々の浮気を繰り返してきましたが(笑)
本命のショパンとは性が合うみたいです〜。
弾いててとっても気持ちよい感じがする(*^v^*)
次は何弾こうかな〜っ♪
そろそろワルツ嬰ハ短調でも?
・・・考えただけで嬉しすぎるっ(≧▽≦)
あっと、その前にカンタービレ完成ですね。この曲も好きですハートたち(複数ハート)
posted by ミカリン at 16:02| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

第164番 インベンション1番(1)

かわいい憧れのインベンション・デビューかわいい
こ、この私がインベンションを弾いてるよ〜っ!!
いやぁ、練習は続けてみるもんです(*^^*)

記念すべき1回目UP♪
0814in1.mid

初めのあたりの気合と終り方だけはイッチョマエやけど・・・(笑)
間違えないように必死に流して弾くのが精一杯(^^;
強弱やのタッチやのなんて、気にかける余裕無いです。
まだまだかかりそうですな。

何ヶ月後か何年後かにこのデビュー演奏を聴いて、
「はぁ〜、こんな時代もあったなぁ(しみじみ)」
なんて懐かしく思えたら・・・ええのになぁ〜なんて。

たまにMIDIルームの自分の過去の演奏を聴いたりします。
ツェルニー100とかブルグとか、下手すぎてウケる曲もあるし(笑)
ちょびちょび成長してるよねぇ〜p(^v^)q
ふふふ。これからも楽しみ楽しみ♪
posted by ミカリン at 00:18| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

第163番 十回目のレッスン♪(Lesson T)

いつも時代の波に乗り遅れるマイペースな私ですが、
今日ビリーのところに入隊しました♪

・・・そして、早くも除隊しました(笑)
「つーか、出来るかいっ(ーー;」
って、腹筋の嵐みたいなところで傍観してました〜。
あれが基本プログラムやなんて絶対あり得へん。。。
最後に「VICTORY!!」と一緒に言いつつも、
いや、私は負けたで・・・と自らツッコミ。

除隊後、ちょっとフラフラしながらレッスンに向かいました。
我ながらよくやるね〜、と。三十路手前じゃがまだまだ若いのぅ。

1 スケール&アルペジオ Es dur の2オクターブ------ポイント伝授
2 ツェルニー100番練習曲67番----------------------オマケ合格
3 ソナチネアルバム1の1番第1楽章------------------合格
4 バッハインベンション1番----------------------------ポイント伝授
続きを読む
posted by ミカリン at 21:46| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

第162番 3&4指の体操 / ソナチネ1の1−1(3)

こないだのクラシックカフェで会ったピアニストW君。
ラフマニノフの難曲をいとも簡単にスラスラ弾いてたのに感動して、
イベント終了後W君に
「同じ人間の指とは思われへん!」
と言ってみると
「まだ薬指が動かんから、トレーニングせんと・・・。3と4の指って、根っこで繋がってるらしくて。筋を鍛えるというか。」
という答えが返ってきました。
あれだけ弾けてもやっぱ4の指って曲者なんや〜(^^;
そういえば前に習ってたI先生もこう言われてました。
「4の指は、誰でも動かないもんなんですよ。かなり弾ける子でも動かないです。」

で、W君流3&4の指のトレーニング法を教えてもらいましたっ♪
効果テキメンだったので、ここでそれを公開しようと思いま〜す(^0^)

まずはスタンバイです。こんな感じ。
standby.jpg
リラックスするよう心がけてます(^^)

スタンバイOKなら、レッツ☆スタート!!
1.jpg 2.jpg
ゆっくり1,2,1,2と左右の写真の指の動きを繰り返します。
つまり、3と4の指を根っこから交互に動かすわけです。

トレーニング終了後、課題曲ソナチネアルバム1の1−1を弾いてみると・・・アラ不思議!!
苦手な16分音符がズラズラ並ぶフレーズで、
それまで降りなかった4の指がちゃんと動いて、音が出るようになりましたっっo(≧▽≦)o



7/23にUPしたのでは成功してなかった下の太字部分
「ソーラシドレミ♯ファソラシラソ♯ファミレ♯ドドシラソ♯ファ」
「ドーレミファソラシドレミレドシラソ♯ファファミレドシ」
が・・・やっと鳴りました〜(* ̄▽ ̄*)

ちなみに他の箇所に関しては、まだまだ仕上げが足りないですね(^^;)
テンポも狂ってるし。
特に、今度は親指の力の抜き方が分からず苦戦中。
ぐぁんばります!!
posted by ミカリン at 13:54| Comment(14) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

第161番 ツェルニー100-67(3)

鶴100の難曲。いまだ苦戦中…(TヘT)
けど!聴くに聴けない7/19バージョン(笑)よりも
だいぶ速く弾けるようになったよ〜☆
あとはこないだのレッスンで受けたアドバイスを
もうちょっと忠実に再現する努力と、
苦手箇所の克服なり!!

posted by ミカリン at 21:59| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

第160番 九回目のレッスン♪(Lesson T)

む、蒸し暑い〜(ーー;
このままやとシュウマイになりそうです。

今日で九回目やったんやな〜。
レッスンTには漢数字で回数をつけてるから、桁が増えると読みにくそう。
十回目まではいいけど、それ以上になったら表記が十一、十二、十三・・・
で、さらに二十一、二十二、二十三となって、
ここまでやると何年習うことになるか分からんけど
百五十八、二百三十四となって・・・
・・・まぁ、味があって良いか♪

1 スケール&アルペジオ B dur の2オクターブ----ポイント伝授
2 ツェルニー100番練習曲67番----------------------不合格
3 プレ・インベンション25番「ブレ」---------------------合格
4 ソナチネアルバム1の1番第1楽章------------------不合格

あ、そうそう。
九といえば憲法9条!もうすぐ選挙ですね〜。
今の国会は改憲派の人たちに献金もらってる改憲派議員ばかりやから、
今回こそ護憲派の政党にもっと伸びてもらわないと
ホンマに9条が変えられて日本が戦争できる国になってしまう〜っ(ToT)
と思ってしまって、なんだか末恐ろしいです。
安倍首相のおじいさんは、戦争犯罪人?だったらしいし。。。
いい方向に憲法が変わるなら改憲には賛成するけど、
今の改憲案の中身は確実に悪い方向に変わる中身だし、
別に今の憲法のもとで不自由してるわけでもないし
そんな急ぐ必要もないやん?って思う。
一番大事な法やし、ここは慎重になるべきじゃないかなぁ。
わがニッポンの子ども達の未来のために、護憲派に1票投じようと思ってます(^0^)続きを読む
posted by ミカリン at 22:23| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

第159番 ソナチネ1の1−1(2)

木曜のレッスンが迫ってまいりました。。。
憧れのクーラウさん'sソナチネの出来栄えやいかに。



前回のレッスンでの注意点の進捗チェック☆

OK→・3小節目右手「ソソソ」は軽く
OK→・最初〜12小節目はかわいらしい感じで弾き、13小節目から突然雰囲気を変える。
NG?→・8小節目からの左手旋律はもっと音量を押さえ、右手伴奏は下のソを弱く、和音の上の音だけを響かせるように(←右手伴奏が、これでいいのか分からない〜。)
たまに成功→・24小節目からの右手16分音符。最初のソを強く、その次は流して、一番山場のソラシラを強く、その次はまた流し、ド♯レミレを強く、それ以降はまた流す、というふうに強弱変化をつけて弾くと聴こえもよく弾きやすくもなる。26&27小節目も同様だが音量がpであることに注意。(←pで弾けない。4の指が降りないときがある。)
NG?→・28〜30小節目右手。1拍目と3拍目の音を強く、あとは流すように弾く。全てがfでなくてよい。(←小指の力が弱いので。。。)
OK→・45〜46小節目1拍目にかけて若干rit.をかけて、ソロソロ〜ッと「終わる」感じを出す。そして46小節目2拍目から再開するイメージ。pからcrescをかけて盛り上げていく。
??→・48小節目〜右手の「ファミレドシドレミ・・・」の練習方法。ここがこの曲の中で一番の苦手箇所!!ここはスタッカートで練習。かなりの速度でスタッカートで弾けるようになったら、スタッカートで弾く感じのままスラーで弾いてみる(←間違いは減ったかな?でも滑らかに弾けないし、こんなんしながらデクレシェンドなんか出来るかって感じ(^^;)

やはりこの曲の難所は16分音符のところみたい。
4の指〜っ!!降りてくれぃ(T_T)
この分じゃまたオマケ合格・・・うう。。。
posted by ミカリン at 22:14| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。