2007年07月19日

第158番 ツェルニー100-67(2) &ハマってる曲♪

前回見送った、この67番。
指定速度はアレグロだけど、そんな速度なんてとんでもない!!
わたし的には、これまで弾いてきた鶴100の中で
一番難しい曲ですね。。。。。。。。。。。。。。(ToT)ピ〜

お耳汚し、失礼!
0719czer100-67.mid

やっと通しで弾けるようになったけど、
ホントここまで持ってくるのにだいぶ根性要りました(^-^;
上達するためには、こういう難関も数々くぐり抜けないとダメなのねぇ〜。

最近、またまたお気に入り曲が増えてしまったので、
ますます「ここで練習をやめるわけにはイカン!!」という気持ちが高まります。
えっと、ちなみに今ハマってるのは
フォーレの「シシリエンヌ」
メンデルスゾーンの「ヴェニスの舟歌op30-6」
どっちも暗いな〜。酔えます、どちらも非常に。
性格?ではないと思う(笑)
メロディが心にしみるのです(TvT)
左手の伴奏が難しいなぁって思います。
私これまで、左手伴奏の音域が広い曲って弾いてないから
相当壁が高いように感じるんですよね。
けどいつか、きっと近いうちにこの2曲は絶対!弾きたいです☆
posted by ミカリン at 20:55| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

第157番 バッハGET☆

よばれて飛び出てジャジャジャジャーーーン☆

07-07-16_17-04.jpg

バッハ大先生のご本をGETさせていただきやした!!
春秋社の「バッハ集4」でございます。
あ、ちなみに写真は2冊あるのではありません。
ケースと本です。豪華っぴかぴか(新しい)

現在レッスンではプレ・インベンションを使ってるんだけど、
ちょっと前まで苦労していたプレイン第3課程の25番「ブレ」も、
なんかいけそうな気がしてきました。

T先生に相談したところ、やはりプレ・インベンションは卒業しましょうとのこと。
でも、いきなりインベンションは出来ない気もする〜と言うと、
この本ならインベンション、シンフォニアに加え、
小プレリュード&小フーガも入ってるよ〜、
この中から出来るを選んで弾いていけば?とアドバイスを頂戴し
早速アマゾンで購入(^-^)v
プレイン25番をクリアしたら、ついに大バッハにお世話になります♪

新しい本って嬉しいんよなぁ〜黒ハート黒ハート
posted by ミカリン at 17:09| Comment(6) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

第156番 八回目のレッスン♪(Lesson T)

本日のレッスン報告。
忙しくて練習あんまり出来なかった〜(>_<;
自分でお金払って行ってるもんやから、こういうのは悔しいし
もったいなくて残念です。
これからもしばらく多忙だから練習難しいかも?
あ〜、子供に戻りたい。
親の金で、宿題なんか放り出してドップリ練習したい〜(笑)


1 スケール&アルペジオ F durとB dur の2オクターブ----ポイント伝授
2 プレ・インベンション25番「ブレ」---------------------------不合格
3 ソナチネアルバム1の1番第1楽章-----------------------不合格

小学校の宿題。そういえば、いっつも忘れて行ってました。
宿題は毎日出るのに、わざと忘れる日もあれば
本気で忘れる日もあるという。。。
参観日の日さえも本気で宿題を忘れていった記憶が(笑)
あんまり物忘れが激しいので、お姉が
「なんで忘れんの?ほんの1分前に言ったことやで??」
と不思議がってたなぁ〜。
うーーーーん。束縛を嫌うから?
わかりません未だに。
って、ピアノには全然関係ない話・・・。
ピアノの宿題は今なら頑張れるぞ〜っ手(グー)
オトナになったもんだ!続きを読む
posted by ミカリン at 22:15| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

第155番 プレインベンション25

ミカリンさん、第2課程じゃ物足りないのでは?
・・・というT先生のご意見により始めた第3課程は25番。
最近忙しくて練習に時間を割けないという理由もあるにはあるけど、
どうやらこの25番はやはり巻末の難易度表にある通り、
他よりワンランク上の曲だなぁ・・・という印象。

相変わらずくどくど書いたけど、
要するに、弾けません(笑)
まだ途中→ 0710prein25.mid

だってね、ぜーーーーーーーったい間違えるよ?!
イライラして、ちゃぶ台ひっくり返したい気分になる。無いけど。
小心者にダイニングテーブルはひっくり返せへんしな〜。

T先生いわく、この曲弾けたら多分インベンションいけるよ?
とのことでした。
インベンション弾いてる人、マジ尊敬・・・(^^;
回転の鈍い私のおつむちゃんのために、
もっかい超スロースピード反復練習から再スタートするとしましょ。
posted by ミカリン at 23:59| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

第154番 ツェルニー100-67

次のレッスンは木曜日だけど・・・

07-07-08_22-51.jpg

ウギャ〜〜〜〜〜〜ッ!!!
3度、しかも臨時記号の嵐っ!!

ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ
逃避。

・・・見なかったことにしよう(=_=)

ということで、そのままズルズル。
全く弾いてない〜↓↓↓
ツェルニーはジャンジャカと進みたいところだけど、
さすがに次のレッスンではやめておきませう。
反省して、これ以降頑張ろうちゅーことで。。。

ツェルニー100をこれまで弾き進めてきて、一番苦労したのは54番でした。それに匹敵する・・・かも?
とにかく、立ち向かうのに気合いの要る曲であることに間違いはないですなぁ。
posted by ミカリン at 23:09| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

第153番 ソナチネ1の1−1

ついにやって来ました、我が憧れの1番第1楽章っ♪
私の中で、ソナチネといえばこの曲なんですヨ(^-^)b
多分超有名・・・ですよね?
だって私でも聴いたことあるくらいだから〜。
確か、ヤマハがサイレントピアノを最初に販売し始めたとき、
それのCMで小学生くらいの女の子がこれを弾いてたような。。。
突然フォルテで短調になるあたりが好きなんですよねぇ(*^^*)

実はこの曲、05年9月からピアノをスタートした辺りからの
コソ練曲だったりするのです(^^ゞ
早く弾きたくてしょーがなくて〜。

0703sona1-1-1.mid

だから、一から譜読みをするワケじゃないから結構弾けるのです。
ただ・・これまで暗譜でロクに楽譜を見ずに弾いていたもんだから、
勝手な解釈で弾くクセがついてしまっていて、
修正箇所を探すのに難儀してる感じ(*_*;)
強弱はもちろん、指使いとかアーティキュレーションとか。
16分音符は転んでるしね・・・(^^;
随分前から弾いてるワリに、ほとんど上達していない曲です。
だって・・・ねぇ、難しすぎますよこれの右手は。。。

とりあえず今日は、「これくらいのスピードで弾きたいなぁ」な速さで、勝手気ままに弾いてみました!
明日以降、この音源を聴いて間違い箇所の研究です。
posted by ミカリン at 23:50| Comment(11) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

第152番 七回目のレッスン♪(Lesson T)

暑い!暑い!!暑い!!!
・・・暑いとやる気がなくなる〜。
あんまり暑くてやる気がないから、
今日は「体調不良です」って言ってレッスンをサボろうかと
一瞬考えたんだけど、進めないと余計やる気が無くなると思い
自分にムチ打ってちゃんと行ってまいりました。
大人になってみた!

<課題>                              <結果>
スケール&アルペジオのテスト---------------------------全て合格
プレ・インベンション22番「アングレーズ」------------------合格
ツェルニー100番練習曲の64番-------------------------合格
ギロック叙情小曲集より12番「秋のスケッチ」-------------合格
ソナチネアルバム1の9番第1楽章-----------------------合格

ふふふ。久方ぶりのオール合格 (〃 ̄▽ ̄〃)v
行ってよかった♪♪続きを読む
posted by ミカリン at 21:15| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

第151番 スケール&アルペジオの特訓!

来週水曜日に迫ったスケールとアルペジオ(2オクターブ)のテストに向けて、日々黙々と練習中〜っo(`へ´;)o
タッカなどのリズム練習を終えてから普通に弾くようにしてます。

しかし、一体何を基準に合格かそうでないかを決められるのか
サッパリ分からないままに・・・(^o^;
いや、もちろんレッスンでの指摘は気をつけてますけどね。
・・・多分。
「一体何を基準に合格かどうか決めるのん?」
とT先生に質問しても、
「ふふん。(ニヤリ)」
と答えるだけだった・・・謎だ(笑)

使用テキストはこういうやつです。
大阪音楽大学=編で、音楽之友社から出てます。税抜1600円也。
ほんまにスケールとアルペジオしか載ってないという、超メカニックな本黒ハート
07-06-21_22-30.jpg
まずは2オクターブから入って、グレードUPして4オクターブ、
続いてクロマティックスケール、3度スケールと10度アルペジオ、
6度スケール&アルペジオと続きます。
「ピアノに向かって1日1回はピアノの基礎技術をしないと、何か忘れ物をしたようで気持ちが落ち着かないようにならなければ本物ではない。」と序文に書いてあります。熱ぅ〜っ(笑)
本物を目指す方、ぜひご一緒に。
いや、私はなんとなく厚い壁に向かってみたかったので買ったんですがね。

こんなん聴いても面白くもなんともないと思いますけど(笑)
一応、このブログは私自身の成長記録なのでこういう音源も載せておこうってワケです(^-^)b

チラホラ間違ってるけど・・・これでもミスが大分減った。
ちょっとでも気を抜くとダメダメになる(^-^;
倍の4オクターブになったら、もっと難しくなるんやろうなぁ。

・特に気を配ったのは、全部の音をハッキリ出すこと。黒鍵に登ったら鍵盤を底まで打鍵できない、ってことのないように。
・リラックス!!特に左手アルペジオが、上りきったところで力むので意識的に力を抜く。
・H durアルペジオが苦手!克服してやるーっp(^^)q
posted by ミカリン at 23:11| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

第150番 プレインベンション22

大バッハのご子息による「インパーティネンス」でござい。

先生のお手本演奏を聴いて気に入って始めたはいいんだけど…。



なんか、3日と経たないうちにだいたい弾けるようになってしまって
つまらない感じになってきた(ーー;
楽譜に慣れるのが早くなったかな・・・?と最近ときどき感じます
これってもしかしてじょ、上達っ??ぴかぴか(新しい)
あ、でも3〜4小節目の単音クレシェンド&デクレシェンドは苦手。

先生に前もってポイントを聞いておけばよかったんだけど、
それをしなかったためにどう弾いてよいやらよく分かりません。
とりあえず、前の先生に習ったことも思いだしながら、以下の点に気を配ってみました〜。

・小節のあたまの音を若干強めに弾くよう意識⇒これって、クレシェンドの開始部分が小節あたまに来てる場合、小節あたまだから強く弾くのか、クレシェンドあたまだから弱めから入るのか、どっちが優先されるんだろう。。。いつも疑問に思うんだけど、いつも先生に質問し忘れる〜。
・重音のスラーはメロディ部が切れないように。ブルグのアヴェマリアでさんざんやった練習っ(^^) 例えば、1小節目のファとラ⇒ソとシのように特に移動しにくい和音が連なっている場合は、ファとラの上の音すなわちラの音(2の指)を押さえたまま次のソとシの和音を弾いて、ソとシを弾いたらラを離す、という具合。
とか偉そうに書いておいて・・・出来てない箇所もあるっぽいけどね・・・( ̄v ̄)

この曲、自分で聴いてみてどこを直すべきかな〜?って分析しようと思っても、なんか聴いてるうちに眠気がしてきてなかなか集中できません。。。
何回トライしても途中で寝てしまう〜(笑)
すごい催眠効果・・・こーなるのは私だけ?
posted by ミカリン at 22:25| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

第149番 六回目のレッスン♪(Lesson T)

昨日はレッスンでした♪
ツェルニーとスケール&アルペジオの練習が先に進められてなかったので、前回やったスケールの更なるポイント伝授と、下の曲2つだけでした。

<課題>                              <結果>
アルペジオC dur, G dur2オクターブの左手-----次回テストにむけてポイント伝授
ギロック叙情小曲集より12番「秋のスケッチ」-------------不合格
ソナチネアルバム1の9番第1楽章-----------------------不合格

うーん、秋のスケッチ、なかなか合格をいただけません。
結構T先生って合格水準が高めなのかも?!とか思ったり。。。
こだわりが強いんでしょうかねぇ。
それなら私と同じだからウマが合うわぁ(^^)
けど、私はこだわりも強いけどせっかちでもあるので、
また「あの曲も、それからあの曲も〜っ!」と贅沢でもあるので(笑)
ひとたび停滞すると「チッ。」って思います。
んんーーーー・・・葛藤。次こそ!続きを読む
posted by ミカリン at 21:55| Comment(10) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

第148番 秋のスケッチ(2)

前回のレッスンで、T先生に
「『秋のスケッチ』も『エオリアンハープ』並みに仕上げてきてください。」
という無茶を要求されため(^^;
えーい、やってやる!!
と妙に意気込んでしまいました。

私がピアノを本気でやってやると思ったキッカケは
ショパンの木枯しに衝撃を受けたことで、
ほかにもバラード1番とかベトベンの月光の3楽章とか
概して短調で指の動きの激しい派手目の曲に憧れてたんですけど、
日々の練習で曲の好みにも変化が出てきた気がします。
調性関係なしに、ゆっくりで抒情的な曲も好きになってきたなぁ、と(^^)
弾いていて浸れるところがたまらんイイです♪

この秋のスケッチもその類の曲なんだけど、
どうしたら抒情的になるのか悪戦苦闘中。。。
とりあえず、先生の要求に答えられるように
自分なりにやれるだけのことはやってみた・・・つもりだけど
実際どうなんだかねぇ(^^;続きを読む
posted by ミカリン at 23:07| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第147番 ソナチネ1の9−1(2)

あさってはレッスン日。
今回はソナチネとギロックばかりに集中してしまって、
ツェルニーとスケール&アルペジオはほとんど進まず。。。

これって・・・ウワサの倦怠期

いえいえ、理由はほかに。
ちょっとゲームに夢中になりすぎて(笑)
新しい楽譜に立ち向かう気にならなかったーーー。
こないだ友達がプレステ2を私ん家に持ってきてくれて、
必要なくなったからって置いていってくれたんですよ(^-^)b
んで、実はまだやってなかったドラクエ8を中古でGETして
・・・ハマってしまった。
小心者やから、ボス戦のときとか心臓バクバクします(笑)

さてさてソナチネ1−9−1。
珍しくメトロノーム練習を何回かしてみたところ、
不思議なことにその後はテンポがだんだん速くなってしまうクセがかなり改善された様子!
体にあのカチコチ音が刻まれたんかもねぇ?
メトパワーおそるべし、です(^-^)

ちょいとゆっくりめで練習中↓


フルリピートすると5分近くと、これまた長い曲(^^;
・うーん、スタッカートがまだまだ怪しい。
・左手が右手のメロディにつられてしまってる箇所を改善
・ト長調スケールがなめらかに弾けない。ファの#って弾きにくいんよなぁ〜。苦手!
・もうちょいミスが減ってきたら、テンポアップに挑戦☆
posted by ミカリン at 22:16| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

第146番 ソナチネ1の9−1

ソナチネアルバム。お次はこの曲。
どうやらこの9−1は人気の高い曲らしいですねぇ(^^)
確かに、難しいのに弾いていて飽きない感じがします。

0603sona1-9-1.mid

ちょっと無理な速度で弾いてしまっている。。。
けど、粒よりの曲だからゆっくり速度で始めても
結局最後はダーーーーーーッと走ってしまうんだわコレが。
メトロノームもっと使わないとねぇ。
いつもそう思うのに使わない、イケナイわたし。

スタッカートの指づかいがとっても難しくて
ミスがなかなか減ってこないという印象。
そんな苦手箇所がいっぱいです。
hiroさんとこに「スラー練習が効果的」と書かれてあったので
その方法を現在試しております。
今日録った音を聴いて苦手箇所をつまみ出して、
徹底反復練習っすね!!!

目指すはテンポ120!
この曲、完成したらかなりカッコいいはず〜♪♪
posted by ミカリン at 23:56| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

第145番 秋のスケッチ(1)

「シンプルな楽譜やなぁ〜、ええ曲やし弾いてみよ(^-^)b」

こう思ったことがこの曲に手をつけたキッカケだった。。。

し・か・し!

弾きこめば弾きこむほどに、難曲だと痛感〜っ(ToT)
どうも納得いく表現が見つかりません。
そんでもって表現するためのスキルもマダマダ。

これまで数回にわたって(多分3回?)先生にアドバイスを受けてきたんだけど、なるほどそう弾いたほうがいいかもねーって思う部分と、そうでない部分とが出てきたりで(笑。反抗期?)どうにも納得いく弾き方が見えてきません。
この曲について、今日はみっちり「私ならどう弾くか?」を模索してみました。
あ、もち先生の指摘をベースに。プロっすから(^^ゞ
まだ研究途中なのでシリーズにしてみようと思いま〜す。続きを読む
posted by ミカリン at 01:33| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

第144番 五回目のレッスン♪(Lesson T)

今回はちゃんとマジメに練習して臨みましたっ(^0^)v
はじめて歩いて教室へ行ったんだけど、、、
いやぁ〜、近いって楽っすね(*^^*)
子供の頃の習い事を思い出しました。

<課題>                         <結果>
スケール&アルペジオE dur, H durの2オクターブ---------6月テストにむけてポイント伝授
ツェルニー100番練習曲の62番----------------------------オマケ合格
ギロック「エオリアンハープ」---------------------------合格
ギロック叙情小曲集より12番「秋のスケッチ」-------------不合格

これまで長〜く練習してきたエオリアンハープ、やっとこさ合格(*^^*)その完成度のよさにT先生がたいそう褒めてくださいました♪
続きを読む
posted by ミカリン at 23:59| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

第143番 ツェルニー100-62

ツェルニーを真面目に練習するのって久しぶりな気が。
・・・といっても、20日頃から練習を開始(爆)
レッスンから10日以上経ってから始めるなんてありえね〜(^^;
あんまりにも腰が重かったので、どんな曲か聴いてから練習したらちょっとはやる気になるかなーと思って、練習開始前に他のサイトで聴いてみました。
そしたら弾きたい意欲満々になった手(グー)
思うに、この曲は鶴100の中でも数少ない名曲の一つじゃないかな〜。
たまーにこういうステキな曲があるんですよね。
やるな、鶴仙人!(カール・ツェルニー)

0525czer62.mid

左手3連符+右手リズム練習がテーマなんでしょうね。
その辺りはあまり苦にはならないんだけど、
ターンと特に最後のトリルが曲者だなぁという印象。
指定速度で9連+10連のトリルを正確に数えるなんて・・・出来ん気がする(T_T)適当な数でええもんなんやろか?
posted by ミカリン at 02:03| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

第142番 左肩の癖とマイピアノルーム

最近気付いた悪い癖。
わたし、ピアノを弾いてない時でも、気付くと左肩に力を入れて上げる癖があるみたい…(ーー;
普段から、ハッと気付くといつも左肩が上ってます。
うう〜、なんでやろぉ?
左肩ばっかでショルダーバッグを持つからかな?(^^;
とりあえず、なるべく常に左肩をリラックスするよう意識してます。

そうそう。引越して念願の防音室での練習がスタートしたんだけど、
ちょうどピアノに向かって左手に窓があるので、
それでフォームをチェックしながら弾いたりしてます(^0^)v
07-05-24_00-04.jpg
窓にオバケみたいに映ってるのが私。
いつか友達と連弾しようと思って、使ってないデジピも置いてるけど
そんな夢はいつになったら叶うことやら(笑)
しかしフォームチェックは効果あるかも、となんとなく実感♪
鏡を立ててやるのもいいかもしれない。
左肩をリラックスして弾くように心がけると、
うまく腕の重さが指に乗せられるみたい。ナイス発見!!
この調子でどんどん脱力も上手になれたらなぁ(*^^*)
posted by ミカリン at 00:15| Comment(6) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

第141番 四回目のレッスン♪(Lesson T)

読者のみなみなさま、お久しぶりです☆
GWに引越しが終了して、今週やっとネットにつながりました♪
新しいマンションは光に加入してないので、光からADSLに後退です〜。。。
あ、でも光よりADSLの方が音質がいい感じがするので、こっちのが好きかも(^0^)

先週水曜日(5/9)はレッスンでした。

<課題>                         <結果>
ギロック「エオリアンハープ」---------------------------不合格
スケール&アルペジオ-----------------C dur, G dur, D dur, A dur いずれも2オクターブ 6月テストにむけてポイント伝授
ギロック叙情小曲集より12番「秋のスケッチ」-----------不合格

鶴30−2は練習できませんでした〜。超多忙でしたから(^-^;

エオリアンハープ、なかなか合格できません。ぬーーーー。
というのは、実はこの日エオリアンの楽譜を忘れていったのです。テヘ♪
楽譜を忘れていったくせに合格する気満々だったので、
「この曲は次回で仕上げやな。」
とT先生に言われたとき、
「えええっっ?!」
と、めっちゃイヤそうに反応してしまった(笑)
しゃーないしゃーない、楽譜ないんじゃ。自分のせい、自分のせい。続きを読む
posted by ミカリン at 22:16| Comment(2) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

第140番 ソナチネ2の4-1(2)

引越しにつき明日からネットがしばらく使えなくなるので、
しばしお休みいたしま〜すm(U.U)m
予定では5月半ばには引越し先でネットが使えるようになるはずなんですけどね。

今日はタイトルの曲とギロックの「海の風景」とを録音したんだけど、どうやらソナチネの方は引越し後の仕上げとなりそうです・・・。あまり満足に弾けなくて〜(^^;
あ、ちなみにギロックの方は今日プレ王にUPしてきました!
聴けるようになるのはGW明けかな・・・?

今日時点での出来栄え

ダメ。ミスはまだまだあるし左指がバタバタしてるし(ーー;
あ、でもテンポは一定してきたかも♪
一応I先生にオマケ合格をもらったけど、もうちょい弾きこんでみようと思います。
posted by ミカリン at 20:54| Comment(4) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

第139番 29回目のラストレッスン♪(Lesson I)

26日はLesson I の最後の日でした〜。
今の会社の最寄り駅とI先生ん家の最寄りが同じなので、次の仕事先が見つかるまで通えなくはないんだけど、今は練習があまり出来ない状況なので練習ナシで通うのもなぁ、ということで決断(^_^;)
毎回基礎の基礎をみっちりと教えてくれるし、業績もスゴイしで雲の上の人のごとく尊敬しているので、とっても残念です。
この先も諦めきれなかったら、新しい生活が落ち着いたら遠くても通ってやる!!ってなるかもしれません(笑)
I先生、1年と2ヶ月お世話になりましたm(_ _)m

<課題>                         <結果>
ギロック叙情小曲集2番「海の風景」-------------------合格
ソナチネアルバム2の4番第1楽章---------------------合格

今回はツェルニーとプレ・インベンションの練習を充分に出来なかったので、上の2曲のみとなりました〜。
時間が余ったので、おしゃべりも交えつつ最後に聞いておきたいことを聞いてメモしてきました!

(以下、後に追記)
posted by ミカリン at 17:42| Comment(0) | Piano奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。